スプリングショウマウントⓇ(SKT型)

コイルスプリングの周囲に減衰材を負荷し、サージングを抑える構造としております。

スプリングショウマウントⓇ(SKT型)

・中間階に設置される変圧器の防振に有効です。
・減衰材無しのスプリングショウマウント®も用意しております。
・屋外設置も可能


※「スプリングショウマウント」は昭和電線ケーブルシステム(株)の登録商標です。

カタログダウンロード

仕様

SKT-4.0型(固有振動数=約4.0Hz以下)

型式 ばね定数
(N/mm)
使用荷重範囲
(N)
耐震強度 (G)
水平 上下
SKT-4.0-120 37 588〜1176 2.0 1.0
SKT-4.0-200 63 980〜1960
SKT-4.0-350 105 1720〜3430
SKT-4.0-600 190 2940〜5880
SKT-4.0-1000 300 4900〜9800
SKT-4.0-1500 460 7350〜14700
SKT-4.0-1800 550 8800〜17600
SKT-4.0-2300 700 11270〜22540
  • ※寸法H 1) 出荷時128 +3/-0 mm
  •       2) 使用最小荷重負荷時〜最大荷重負荷時128〜112mm

SKT-2.3型(固有振動数=約2.3Hz以下)

型式 ばね定数
(N/mm)
使用荷重範囲
(N)
耐震強度 (G)
水平 上下
SKT-2.3-180 29 1336〜1764 2.0 1.0
SKT-2.3-220 36 1657〜2156
SKT-2.3-280 45 2080〜2744
SKT-2.3-350 56 2622〜3430
SKT-2.3-430 70 3285〜4214
SKT-2.3-540 87 4075〜5292
SKT-2.3-680 110 5137〜6664
SKT-2.3-840 137 6408〜8232
SKT-2.3-1050 171 8010〜10290
SKT-2.3-1260 218 10163〜12348
SKT-2.3-1500 261 12173〜14700
SKT-2.3-1800 310 14495〜17640
  • ※寸法H 1) 出荷時132 +3/-0 mm
  •       2) 使用最小荷重負荷時〜最大荷重負荷時128〜112mm

ページ先頭へ戻る

特長

  • 固有振動数4.0Hz以下および2.3Hz以下のタイプを取り揃えています。
  • コイルスプリングの周囲に減衰材を付加しサージングを抑える構造です。
  • ストッパーボルト構造により水平2G・上下1Gの耐震強度を有しています。
  • 各型式とも外形寸法が同一で、設置寸法を共通化できます。
  • 上フレームの取り付けネジ穴を複数用意してあり、施工が容易です。
  • 引き抜き力と沈み込みに対しストッパ-を有しており、地震時の過大な振幅を抑えます。

ページ先頭へ戻る

製品の用途

  • 変圧器、空調機器

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ戻る